中村しょう 吃音(どもり)

6週間で吃音(どもり)を克服させる奇跡のプログラム!



6週間で吃音(どもり)を克服!


わずか6週間で吃音(どもり)を克服させる、自宅で出来る、1日20分奇跡のプログラム、
それがこの【M.R.M】吃音(どもり)・完全克服プログラムです。

自身も吃音を経験し、克服した中村しょうさんが編み出したこのプログラム。
中村さんの【M.R.M】吃音(どもり)・完全克服プログラムは、今までに一般的に行われていた吃音への治療などからは、決して想像できないことに重きを置いています。


「【M.R.M】吃音(どもり)・完全克服プログラム」の詳細はコチラです



従来の発語気管のトレーニング、SSRIという薬、催眠療法、セラピー…逆に吃音を悪化させてしまう原因になるとも、中村さんは言っています。
それが、この【M.R.M】吃音克服プログラムでは“潜在意識をコントロールする”ということに重きを置き、吃音の性質や克服に直結させています。

分かり易く言えば、「不治の病だ」と言わしめた吃音を心理的に“忘れる”ことにある、というのです。
「言葉が上手く出ない」、「自分は吃音者だ」という悪い認識が潜在意識に定着している限り吃音は治りません。
それを“忘れる”こと…。

吃音(どもり)は治らないと思っている人が大勢いますが、現に、ここで紹介するプログラムを実践して吃音の克服に成功した人は300名以上に上ります。
吃音の克服に要する時間は、平均して6週間、遅くても3ヶ月ほどです。


自由に喋れるようになるプログラムはコチラです



体験者からは、どもりを克服というか、それぞれに驚いている感覚があるようで、
「このプログラムは、一言で自分を激変させるプログラムだということだと思います。進めていくうちに、自分の奥底から自分が変わってゆくのがわかりました。思わず、自分が凄いと勘違いしてしまいました 笑。」

「半信半疑でやり始めましたが、確かな感触を実感しています。完全にどもらなくなったかというと、そんなことはありませんが、大事なのはどもりに対する恐怖心がなくなることで、恐怖さえなくなれば後は時間の問題だとの中村さんの教えには全面的に納得していますので焦りは全くありません。」

など体験談を聞くと、“どもり”を克服した、というよりは自分に自信をつけさせてくれるプログラムである、ということが伺えます。

潜在意識に1度定着してしまった認識を変えるのは大変な事です。
その方法をこの【M.R.M】吃音(どもり)・完全克服プログラムではしっかりと自分のものにできる効果があると言えます。

吃音の現象と吃音肯定

「どもり」は「吃音」とも言われていますが、「どもり」は差別用語や放送禁止用語とみなされています。

現象としては、精神的な緊張によって言葉の流れが乱れて、同じ音が何度も繰り返されたり、引き伸ばされたりします。
その時、顔面の筋肉や首を小刻みに震わせたりすることがしばしば見られます。

吃音の原因ははっきりわかっていません。
左利きを無理に右利きにしようとしたときに吃音が現れるとか、遺伝的な理由があるとか言われていますが、確かなことはわかりません。
子供の場合は、親が態度を改めるだけで治ってしまうことが多いようです。

吃音の方は、自分が吃音であることを隠そうとする傾向が見られます。
店で物を買う時にはどもらない商品だけを買ったりするようです。

どもり易い商品を買う時は、なるべくどもらない言い方で説明したり、また、時間が掛かっても良いから通販で買ったりと、その精神的つらさはどもらない人にとっては想像しがたいものがあります。

人との会話もその様になるようです。
そのせいで、鬱病になってしまうこともあります。

日本では、「吃音肯定」の立場から吃音と共に生きる力を育てることがすすめられています。
これは、吃音の人、そうでない人、両者に言えることです。
早く日本全体が「吃音肯定」の立場になれば良いと思います。

=>自由に喋れるようになるプログラムはコチラです

 

サイトマップ

とよだクリニック あがり症克服小澤康二 7step復縁方法澁川良幸 離婚問題解決金井式 あがり症金本博明 自律神経失調症・パニック障害金田秀子 夫の浮気・解決法鈴木美智子 離婚からの生還香山実央 離婚マニュアルカードローン 審査転職エージェント 第二新卒
ビロゴン